モートン病

およそ1年半ぶりの更新です。相変わらずマラソン練習は続けています。ここ最近、左足先にしびれを感じるようになっていました。そのため、ハーフやフルを走るときにも影響が出て、思うように走れませんでした。ネットで検索して調べていると、どうやら「モートン病」のようです。この病気は、主に靴が自分の足に合っていない場合によくかかる病気のようです。確かに、思い当たる点はありました。いろいろ調べたのですが、病院で痛みを抑えるための注射を打つ方法が一つありました。そして、もう一つの方法としてたどり着いたのが、承山というふくらはぎの後ろにあるツボでした。鍼灸により、この部位を治療することで、ほとんどの場合、症状が改善されるという記事を見つけたのです。何でも、しびれている箇所を直接治療するのではなく、その原因となっている筋肉を弛緩させることで患部に効果があるらしいのです。鍼灸の治療院に行こうかとも思いましたが、自分で承山(実際は、承山の少し下の部分)を指圧してみると、ずいぶん症状が緩和されてきました。ツボを刺激することを続けていると、長時間走っても、前ほど痛みが出なくなりました。同じような症状がある方は、お試しください。

athlete1966 | - | 21:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

坂道攻略法

 最近、マラソンの練習はまじめにやっているのだが、ブログの更新がおろそかになっている。そんなブログでもアクセスログを見ると、見てくれている人がいるのだなとありがたい気持ちになる。
 さて、最近の練習の中から、自分なりの坂道攻略法を見つけたので紹介することにする。攻略法なんて大げさなことではないかもしれないが、簡単にいうと、登り坂になったら、数を数えながら走るという方法だ。ただし、基本の走りを保つことが重要だ。道路にある白線の上で練習するとよいのだが、左右の足の裏が白線の上を通るように走ると走り方に無駄がなくなる。また、腕をしっかりふることで足の出がよくなるとともに、姿勢がよくなる。この点に気をつけて、坂道(登り坂)で数を数えながら走るのだ。数え方は、1・2・3〜100まで数えたら指を一つ折っていく。また同様に100まで数えたら指を折っていく。片手だけでもいいし、両手をつかってもいいので、要は1000まで数え続けたい。呼吸がついてこれる程度の負荷をかけながら、これを行うと、1000まで数え終わる頃には、およそ1kmを上ることができる。それも意外と楽に・・・。だいたい登り坂は1kmほどいくと下りになる場合が多いように思うのだが、まだ先に登りが続いているのであれば、少しペースを落として呼吸を整えた後、また、1から始めるといいだろう。
 登り坂になると、いやだなあという気持ちが先になるが、数を数えることで気持ちに変化ができ、がんばれるように思う。また、この数を数える方法は、平地でスピードをあげたいときや、20km、30kmと走って足が動かなくなってきた時にも効果があるようだ。
 先日の愛媛マラソンでもこの方法を使って、終盤のしんどさを乗り越えることができた。
 絶対おすすめなので、興味をもった方は実践してみてくださいな。
athlete1966 | - | 00:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

坂道トレーニング

 今日は、朝から雨、途中で雪も降っていた。雨が収まったら走ろうと思い待っていると、午後から雨があがった。そこで、この前からやろうと思っていた坂道トレーニングに出かけることにした。家から1キロほどのところにある国道沿いの坂道を120〜130mダッシュすることにした。10本できればいいが、それは体力的に自信がなかった。実際、1本目を終えると心臓が激しく鼓動し、息も絶え絶えになっていた。下りをかなりゆっくりのペースで呼吸を整えながら戻っていく。息をしっかり整えて2本目、目標の地点までがだんだん遠く感じてくる。何とか8本までがんばった。そこから、普段の練習コースをゆっくりめに走ることにした。坂道ダッシュをして体がぼろぼろになっていると思いきや、何だか体が軽くなっている気がした。途中の坂道もダッシュしてみた。やっぱり体が軽い気がする。最終的に10キロ走ったが、後半はすごく楽に走れていた。短時間でかなりの効果を感じたので、これからも週に1回は、このトレーニングを入れていこうと思う。
athlete1966 | - | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

負荷をかけて走る

今日は、小雨の降る中、2時頃から練習に出かけた。今日のテーマは、自分に負荷をかけて走ること。そこで、考えたのがバッグに1.5Lサイズのペットボトルの水を2本、つまり3Kg分の重さを背負って走ることだ。いざ、実行してみると、出だしからその重さが身にしみた。バッグが揺れるので安定感もなく、ずいぶんと走りにくいなと感じながらもがんばってみた。坂道コースも取り入れながら、走った。坂の勾配がきつくなると、もう歩いているのと変わらないくらいになったが、それでも止まることなく走り続けた。雨は降り続き、体全体がぬれていたが、それにも増して腰のあたりが濡れてくるので、どうしてかなと思ってバッグを見てみると、ペットボトルの水が2本とも漏れて水が流れている状態だった。どちらも開封していないものだったが、バッグの中でぶつかり合って、容器が損傷したようだ。おかげでパンツまで濡れてしまったが、家まではそのまま走って帰ることにした。合計11.5kmをキロ6分30秒平均で走った。たった3キロの負荷だと思っていたが、予想以上に負荷がかかっていた。ということは、体重を3キロ減らせば、かなり楽に走れるんじゃないか。これから真剣に減量に取り組もうかなと考えている。
athlete1966 | - | 17:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

寒い日は要注意!

 本日は年休で仕事が休み。土日は研修会があり、走れなかったので、じっくりトレーニングすることにした。正午過ぎに家を出発して、25キロの練習コースに出た。最初のうち、GPS時計の感度が悪く、なかなか通信できない状態が続き、1キロほど走ったところでようやく使える状態になった。
 最近にテーマは、できるだけ坂道や山道を走ることにしているので、今日は、いつものコースを少しだけアレンジして坂道を多く走るようにした。しばらくは、足も呼吸も楽で、快調に走ることができ、20キロ過ぎまでノンストップで走ることができた。20キロのタイムが1時間57分だったろうか。そこから、水分補給し、少しだけ歩いたあと、再び走り出した。少し疲れが出てきてスピードは落ちている感じだった。コースをアレンジした分、距離が長くなったようだが、25キロ過ぎからは、キロ6分で走るのがやっとの状態だった。しかし、フルマラソンは、ここからが勝負だと思い直し、がんばってあと2キロ走った。それで本来は終わりで、家も目の前に見えてきたが、30キロになるまで歩こうと考えて、歩くことにした。ただ歩くだけなのに、疲れがピークになっていて、ふくらはぎがつりそうになっていた。おまけに、ここ数日、冷え込んでおり、走っていたときは温まっていた体が、急に冷たくなってきた。手も手袋をしているのに痛いほど寒い。このままでは体をこわすと思って引き返すことにしたが、気づいたときには、家まであと2キロもある・・・。寒さにぶるぶる震えながら、足を引きずりながらなんとか帰宅することができた。歩いた分も含めて、本日は、32キロを3時間30分で練習を終えた。
 寒い日の練習は、最後に体を冷やさないように気をつけないといけないですね。
 
athlete1966 | - | 17:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

40キロ

 朝から鼻水が出て、体調に不安があったが、せっかくの休みなので練習にでることにした。家族の者はみんな文化祭にでかけていて、起きると自分一人だった。先週走ったコースを走る予定だったが、大洲の方でイベントがあるのを思い出して少しだけ寄り道をしてみることにした。
 イベント会場は、大洲青少年交流の家で、科学フェスティバルをはじめ、ダンスパフォーマンスなどでにぎわっていた。そこで30分ほどうろうろして休憩したあと、帰路についた。イベント会場まで17キロだったので、単純計算で家に着くと34キロ走ることになる。天気がよくて、汗もいっぱいかいていた。持っていたハンドタオルも汗でぐちゃぐちゃになってしまった。25キロ過ぎのところでコンビニに入り、ハンドタオルを水洗いし、グレープフルーツジュースを購入。そこで5分ほど休んで、また走り出した。
 30キロが近づいたころ、足が動かなくなってきた。そして、ついに足が止まってしまった。そこからは、前回と同じように歩いたり、走ったり、歩いたり、歩いたり、ちょっとだけ走ったり、また歩いたりでなかなか先に進まなくなっていた。家まであと6キロの地点で山からわき水が出ているポイントがあったので、そこでのどの乾きをいやし、冷たい水を頭からかけると生き返った感じがした。家に近づくにつれて、GPSウォッチの数字が40キロに近づいている。そこまで走る(歩く)つもりはなかったのだけど、最終的に40キロの練習になった。
 練習中、左足の親指の爪に違和感が生じて、痛みだした。また、内部で出血して黒くなってしまうのだろう。それを除けば、40キロの練習をしたわりに、体は疲れていないようだ。あったかいお風呂に入って、すぐにごはんとおかずと少し早いごほうびのビールをおなかに入れた。
athlete1966 | - | 18:14 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

走り出すと気持ちいい

 今朝も練習に出た。スタートするまでは、心と体が嫌がっているのだが、いったん走り始めると、次第に心地よくなってくる。最近は、朝夕涼しいのでその点もプラスに働く。前回、霧の話を書いたが、今日も朝から霧が濃くかかっていた。そのせいで、GPSウォッチの感度が悪く、なかなか衛星とつながらなかった。
 今朝は、いつもより遅くスタートしたので、周りはすでに明るくなっていてとても走りやすかった。キロ5分20秒ペースをキープして走り続けた。5キロ地点で折り返し、後半の練習に入る。後半は、ときどきウインドスプリントを入れて走るようにした。ウインドスプリントというのは、通常より少し速いくらいのスピードで、肌が風を切っているのを感じる程度の速さで走る練習だ。大きく腕を振って、だいたい100〜150歩走り、ペースダウン。息が整ってきたら、また同じように走るの繰り返しで練習した。
 こんな感じで今朝は、10キロを平均5分14秒で走り、練習終了。
athlete1966 | - | 09:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

LSD

 最近、記事の投稿は怠っているのだけど、練習は、まあまあがんばっている。練習は、主に朝で、6〜10キロほどを走るようにしている。今日は、日曜日でLSDをしようと計画していたので、10時過ぎに家をスタートした。目標は、30キロを6分30秒から7分くらいで走れたらいいなという感じでスタートした。今、住んでいるところは、霧がよくでるところで、今日は朝から霧が出ていた。霧が出る日は、天気がよい日だ。そして、10時過ぎには、お日様が差してきて気温もあがってきた。
 コース沿いの田んぼでは、稲刈りの残っているところがあり、家族総出でにぎやかに作業をしている光景が見られた。大きなコンバインを使っている方もおられて、次々に稲が機械の中に入っていき、要領よくもみとわらを分けて刈り入れ作業が進んでいた。すごい機械があるなと関心しながら走った。また、小学生がお手伝いしている姿もあった。自分も小学生の頃、よく稲刈りのお手伝いをさせられたものだが、同級生などに作業している姿を見られるのが嫌で仕方なかったのを思い出す。でも、この年になると、家族が一緒になって作業している風景がとてもすてきに思えるのだ。
 さて、LSDは、順調に進み、20キロ地点でコンビニに入り、パンとジュースで腹ごしらえをして、再び走り出す。25キロ地点でスポーツドリンクを飲み、5分ほど休憩。休憩すると今度は、足が動かなくなって、しばらく歩くことにした。ふと、家内にSOSの電話をしようかと甘い考えがよぎったが、携帯を見ると、何と電池切れ。スタートからずっと携帯で音楽を聴いていたので、電池の消耗が速かったようだ。そこで、腹をくくって、残りを歩いたり、走ったりして家を目指した。練習不足もあるのだが、一度、心が折れるとなかなか走れなくなるなと反省した。
 LSDで終始ゆっくり走ったので、幸い体へのダメージは少なかった。途中休憩や歩いたところもあったが、トータルで35キロを走った。キロ平均6分30秒で、本日の練習を終了した。
athlete1966 | - | 16:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

愛媛マラソン当選!!

愛媛マラソンに今年も当選した!
愛媛マラソンは、どうやら自分と相性がいいらしい。これで、5年連続出場を果たすことができる。ただ、始めて2年目に出した3時間50分を更新できずにいるので、何とかがんばりたい。練習あるのみって感じだ。
athlete1966 | - | 19:32 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

秋だねえ

 今日は秋分の日。11時から練習に出かけた。今日は、目標14キロ。少し日差しが強かったが、帽子をかぶり家を出た。スタートして2キロくらいのところで、一昨日は気づかなかったのに、今日は、キンモクセイの香りがしているのに気がついた。田んぼの稲も黄金色に色づき、刈り入れを心待ちにしている様子。道路沿いを走っていると、至る所でいがぐりが道路に落ちていて、立派な栗が飛び出している。中には、車につぶされているものもある。続いて土手沿いを走っていると、コスモスが咲き始めている。背丈が1mほどあるだろうか。花は、これからといったところなので、これからが楽しみだ。また、曼珠沙華の花もたくさん咲いていた。最近は、白い曼珠沙華があるのに少し驚かされる。自分が子どものころは、ほとんど見たことがなかったのだが、どうしたことだろう。
 そんな秋を感じながら、一昨日と同じ折り返し地点まで到着、そこから普通のペースで走れたらよかったのだが、10キロ過ぎから、暑さにやられてペースがあがらなくなった。もう少しもう少しとがまんしながら12キロまで走った。どうしても練習が長いことできていなかったせいで体がいうことをきかないようだ。家までのこり2キロほどあったが、秋の景色を楽しみながら、クールダウンしながら帰った。
athlete1966 | - | 13:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
1/12PAGES | >> |

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--