自転車で52キロ

 昨日は、久しぶりに自転車で走ることにした。目的地は、先週の土曜日と同様に宇和島である。ただ、天気が下り坂で、雨が降りそうだったので、午前中の早いうちに行動しなければならなかった。また、夜中のうちにも少し雨が降ったようで、路面が濡れていたが、それでも準備を整え出発した。
 宇和島までは、52キロ。途中に峠が2か所あり、上りが難関である。大洲市から西予市宇和町につながる峠が特に厳しく、自転車のギヤを一番軽くして、長いこと耐えなければならなかった。ロードバイクなので、坂道を押して上がるなんてことはみっともない気がするので、ひたすら頑張ることにしている。また、立ちこぎもできるだけしないようにしている。峠を上りきったところにあるのが鳥坂トンネルだ。ここは、道幅がせまいが交通量が多く、大型ダンプやトレーラーなどもよく通るので危険なトンネルだ。お遍路さんもよく歩いていて、車で走っているといつも危ないなと思うことがある。昨日は、そんなトンネルを通行する歩行者用に、反射たすきがトンネルの手前に用意されているのを見つけた。自由に使えるようになっていて、いいアイデアだなと関心した。自分は、自転車の前方と後方にライトをつけているので、それを点滅させながらトンネル内を走った。
 トンネルは、古いので路面の状態があまりよくない。がたがたしていたり、土がたまっていたりするところがあった。前方からは、お遍路さんが歩いてきていて離合するのもたいへんだった。トンネルの出口近くになって、ついに大型トレーラーが後ろからせまってきた。ゆっくり走られてもこわいのだが、その車はすごいスピードを出していて、車が横を通り過ぎる間、緊張が高まった。ブレーキをかけて自分のスピードを落とそうとしたのだが、トンネル内も濡れていたため、タイヤがスリップしてしまい、体制がくずれ、あわやという感じになってしまった。今、思い出してもぞっとする。
 そんな危険な思いをしながらも休まず走り続け、2時間30分で宇和島に到着することができた。5月25日には、しまなみサイクリングに参加することにしている。これは往復100キロの部にエントリーしたので、ざっと今日の2倍である。まだ、最高で80キロしか走ったことがないので不安があるのだが、頑張ろうと思う。ただ、自転車で走るのは、大きな危険がともなうので安全には細心の配慮が必要だ。
athlete1966 | 自転車 | 06:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
1/1PAGES | |

09
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--