練習再開!

 春先は、あんなにがんばっていたのに、6月からずっと練習から離れていた。体重もMAXの64.5kgに。ストレッチをして、練習にかかる。今日は、12kmを目標にすることにして、ゆっくりめのスピードでスタートした。ずいぶん涼しくなったので、肌に当たる風がとても心地よい。近くの川では、瀬張りといって鮎をとるためのしかけがしてあり、瀬の速いところでは、友釣りの人もたくさん川に入って釣りを楽しんでおられた。
 走り出しの時、膝の横の筋がピキピキとなって、危ない感じがしたが、無理しないようにしていたらすぐに収まった。だいたい1キロ6分のペースでスピードを維持して半分の6キロ地点まで到着。そこから先に、山道が1キロほどあるのだが、ちょっとがんばってそこまで走った。
 途中で、知り合いの方が練習していて、帰りは、その人と一緒に走ることになった。いろいろ話しながら走っていると、気持ち的に楽に走れるなと感じた。さすがに、ひさびさの10キロオーバーだったので、最後の方は、足のだるさと胃の痛みでしんどかったが、最終的に1キロ5分45秒のペースで14キロを走ることができた。
 今日は、走る前と、走った後に、体重を量ってみた。走る前に64.5キロだった体重が、走ったあとすぐに量ると61.9キロに減っていた。家内にそのことを話すとびっくりしていた。
 これから、どこまで練習量を増やしていけるかが大事になってくる。すべては、愛媛マラソンで好走するためなのだが、モチベーションをあげるため、今年は伊方のハーフマラソンにエントリーした。今日の練習をきっかけにしてがんばりたい。
athlete1966 | - | 19:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

しまなみサイクリング大会

 しばらくぶりの投稿です。
 先週の日曜日、第14回しまなみサイクリング大会に参加してきた。自分が参加したコースは健脚コースで今治から大島を巡って帰ってくる約100kmのコースだった。友達と一緒に初めての参加だった。参加費が2000円で、参加賞や途中のエイドステーションでのサービス、昼ごはんは鯛めしという財布にもありがたい大会だった。
 スタートしてすぐ来島海峡大橋を渡る。天気がよくて暑いくらいだったが、橋の上は、見晴らしがよく、心地よい風が吹いていて最高に気持ちよかった。瀬戸内の島々や海上を走る船が見えて、贅沢な時間が流れていった。途中、伯方島や大島のコースを走るのだが、アップダウンもあり、なかなかタフなコースだった。また、一緒に走った仲間の人たちが結構なペースで走るので、創造していたよりも体力の消耗が激しかった。
 へとへとになりながら、休憩もはさみ、6時間ほどでゴールすることができた。
 8月の終わりには、石鎚ヒルクライムの大会があるので、そちらにもエントリーした。この大会もかなりハードな大会になりそうだが、トレーニングしてがんばろうと思う。
athlete1966 | - | 22:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ものすごい風

 ちょっとずつ練習の間隔が落ちているものの、今朝も朝トレに5時頃から出かけた。けっこうな風が吹いていて、いきなり向かい風の中のランニングになってしまった。3キロを過ぎた頃、竹林を通過したのだが、古くなった竹の葉が風のせいで、やりのように吹き付けてきた。竹の林も怒り狂ったかのように激しく揺れ動いていた。時間の都合もあって、4キロ地点で折り返し、家の方向に走り始めた。今度は、追い風になり、楽に走ることができた。家に着く頃には、さらに調子が上向いて、はずむような感じで走り終えることができた。
 最近、トータルでキロ5分20秒ペースで走ることができるようになった。今日のスタート時もあまり調子はあがってこなかったが、キロ5分40秒、その後、キロ5分10秒ペースを維持し、最後の1キロは、キロ4分45秒だった。走行距離は8キロだった。
 今日は、練習後、朝から雨になり、一日中振り続いているが、明日の朝には晴れてくるようだ。明日もがんばるか。
athlete1966 | - | 20:21 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

朝霧湖マラソン

 5月3日に野村町で開かれた朝霧湖マラソン大会に行ってきた。実は、この大会にエントリーはしていなかったのだが、友達が棄権するということで替わりに走ることになったのだ。誰かの替わりに走るということは今までなかったし、保険のことなども気にはなったが、せっかく誘ってもらったので、ありがたく走らせていただくことにした。
 昨年度に続いて2回目のこの大会。今年は、土佐礼子夫妻と渋井陽子選手がゲストで来られていて、渋井選手は、ハーフの部を一緒に走っていただいた。天気はとてもよく、3000人近いランナーが集まっていた。午前10時30分スタート予定だったが、5分遅れで号砲がなった。最初のうちは、商店街をたくさんのランナーが走るので、まったくペースがあがらず、1キロ8分かかってしまった。そしてようやく走るスペースができてくると今度は、山道に入る。そこからはキロ5分30秒くらいのペースでペースを作っていった。前回の桃源郷で下りは結構なスピードを出して走れていたので、今回も下りは最大限スピードをあげる作戦で走った。下りはキロ5分くらいのペースで走ることができた。
 暑さ対策のため、給水所が計7か所用意されていて、毎回必ず水分補給をした。冷たい水を含んだスポンジがとてもありがたかった。応援の中学生も一生懸命おもてなしをしてくれていて、この大会を盛り上げていた。コースの半分を過ぎると、野村ダムを通過する。ダムを横断するようにたくさんのこいのぼりが泳ぎ、周囲はさつきの花がとてもきれいだった。ダムを過ぎてからもしばらくは下りが続き、スピードをあげていく。そして終盤の平坦なコースに入る。最後5キロほどは、川沿いを走るのだが、なかなかゴールまでが遠く感じるところだ。このあたりになると、おなかも減ってきていた。それまでに少し無理をしていた分、ペースダウンしてしまい、肝心なところでタイムを悪くしてしまった。
 最終的に、1時間58分ほどのタイムで2時間は切ることができたが、思うほどの結果が出ず、少し残念だった。これからはしばらく大会はないので、地道なトレーニングを続けていこうと思う。
athlete1966 | - | 19:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

高昌寺の山門

 4月は飲み会が多くて、走る習慣が崩れつつある。今朝は、4日ぶりに朝ランに出ることができた。最近は、だんだん夜明けが早くなってきているので、安全のためのライトも必要なくなってきた。また、走っていると、今まで暗闇の中であいさつしていた人々の顔が見えるようになってきて、またひとつ不思議な感じがする。
 4日間走っていないだけで、今日は、足取りが重く感じたが、最初の1キロが6分かかった以外は、スピードに乗ってきてしり上がりに調子が上向き、気持ちよく走ることができた。途中で、高昌寺に立ち寄って参拝し、すぐそばの涅槃像を見てから後半のランニングにかかった。高昌寺からは下りが続いているので、スピードアップしてみた。意外と楽な感じでスピードアップできた。このまま最後まで走ろうと決めて、ストライドを伸ばしながら家まで走りきった。最終的に、後半は、キロ5分弱のタイムで走ることができていた。
 今日は、高昌寺の山門の写真を撮ったのでアップしておく。桜は散ってしまっているが、風情がある。
athlete1966 | - | 21:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

コウモリ

 昨日の夜のことだった。突然我が家のリビングにパタパタと羽ばたくものが入ってきた。羽ばたき具合から鳥ではなさそうだ。よく見るとコウモリだった。家族がワーワー言って騒ぐので、窓を全開にして外へ出そうと試みているところへ、うちの凶暴な半お座敷犬がやってきた。うちの犬は、コウモリに大きく反応し、吠え立てた。コウモリは、必死で逃げようとあがいていたが、そのうち壁にぶつかり床に落ちた。早く窓から逃げていればよかったのに・・・。うちの凶暴な犬は、容赦なくコウモリに襲い掛かり、一瞬のうちに止めをさしてしまった。コウモリとはいっても生き物なので、生き物が死ぬというのはよろしくない。犬に「こらっ!」と怒鳴ると、犬は、「ごめんなさい」という顔をして、とぼとぼその場をあとにした。
 哀れなコウモリだが、そっと外の花壇の隅に埋めた。ちなみに我が家ではコウモリを見るのは、それほど珍しくない。天井裏にもいるみたいで、ときどき物音や、死んでいるのを見つけることがある。ツバメなら幸せを運んできてくれると言うが、コウモリだとどうなんだろう?
athlete1966 | - | 21:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

松野 桃源郷マラソン

 朝から不安定な天気で雨が降ったり止んだりの天気。気温も低く、昨年に引き続き大会が中止になるのではと心配が頭をよぎったが、次第に天気が回復し、予定通り大会が開催の運びとなった。今日は、仲のよい友達と3人で一緒に出かけた。開会式では、勇壮な鬼城太鼓の演奏が披露され、会場は、大きな拍手に包まれた。本日は、中村愛媛県知事、松野明美さんもハーフコースを一緒に走っていただいた。
 前回参加したときよりも参加者が多かったのではないだろうか。たくさんの人でハーフコースのスタート地点はごったがえしていた。気温は低めだったが、ウォーミングアップしていると体温もあがり、かえって走りやすい条件になっていた。スタートしてしばらくはたくさんの人の流れにのまれてスピードはあがらなかったが、しだいに練習のペースになり、下り坂を利用していつもよりがんばってみた。この松野のコースは、アップダウンが随所にあるため、なかなかハードなコースといえる。しかし、ちょうど桃の花の咲く季節で、ピンク色した桃の花が、いたるところでランナーを楽しませてくれる季節感たっぷりの大会である。そんな桃の花を楽しみながら、自分のペースを確かめながら走り続けた。
 愛媛マラソンを終えてからよく練習していたので、足がよく動き、前回大会よりもずいぶん楽に走ることができた。下り坂では、キロ5分を切るペースで走れていた。これは、自分にとっては上出来なのである。後半になってもペースは落ちることなく、最後まで気持ちよく駆け抜けることができた。最後の100mくらいは、全力疾走することができて、6〜7人をごぼう抜きすることができた。最終的に、ハーフコースを1時間51分で走ることができた。キロ平均5分15秒くらいになる。足の疲れもほとんどなくて、充実した大会になった。
 次は、5月25日にある「しまのわ2014」のサイクリングを予定している。100キロコースにエントリーしたので、ランニングもだが、自転車もしっかり練習しようと思う。帰ってから、友達と3人で慰労会をした。みんなで走ったあとのお酒はやっぱり最高だな。
athlete1966 | - | 22:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

自転車で52キロ

 昨日は、久しぶりに自転車で走ることにした。目的地は、先週の土曜日と同様に宇和島である。ただ、天気が下り坂で、雨が降りそうだったので、午前中の早いうちに行動しなければならなかった。また、夜中のうちにも少し雨が降ったようで、路面が濡れていたが、それでも準備を整え出発した。
 宇和島までは、52キロ。途中に峠が2か所あり、上りが難関である。大洲市から西予市宇和町につながる峠が特に厳しく、自転車のギヤを一番軽くして、長いこと耐えなければならなかった。ロードバイクなので、坂道を押して上がるなんてことはみっともない気がするので、ひたすら頑張ることにしている。また、立ちこぎもできるだけしないようにしている。峠を上りきったところにあるのが鳥坂トンネルだ。ここは、道幅がせまいが交通量が多く、大型ダンプやトレーラーなどもよく通るので危険なトンネルだ。お遍路さんもよく歩いていて、車で走っているといつも危ないなと思うことがある。昨日は、そんなトンネルを通行する歩行者用に、反射たすきがトンネルの手前に用意されているのを見つけた。自由に使えるようになっていて、いいアイデアだなと関心した。自分は、自転車の前方と後方にライトをつけているので、それを点滅させながらトンネル内を走った。
 トンネルは、古いので路面の状態があまりよくない。がたがたしていたり、土がたまっていたりするところがあった。前方からは、お遍路さんが歩いてきていて離合するのもたいへんだった。トンネルの出口近くになって、ついに大型トレーラーが後ろからせまってきた。ゆっくり走られてもこわいのだが、その車はすごいスピードを出していて、車が横を通り過ぎる間、緊張が高まった。ブレーキをかけて自分のスピードを落とそうとしたのだが、トンネル内も濡れていたため、タイヤがスリップしてしまい、体制がくずれ、あわやという感じになってしまった。今、思い出してもぞっとする。
 そんな危険な思いをしながらも休まず走り続け、2時間30分で宇和島に到着することができた。5月25日には、しまなみサイクリングに参加することにしている。これは往復100キロの部にエントリーしたので、ざっと今日の2倍である。まだ、最高で80キロしか走ったことがないので不安があるのだが、頑張ろうと思う。ただ、自転車で走るのは、大きな危険がともなうので安全には細心の配慮が必要だ。
athlete1966 | 自転車 | 06:54 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

涅槃像(ねはんぞう)

 眠い目をこすりながら、今朝も練習に出かけた。夜中に雨が降ったらしく、道路が濡れていた。空気も湿っていて、風も生暖かい。数週間前まで肌を刺すような寒さだったのが、うそのようだ。今日は、いつものコースを逆周りで走ってみた。途中で、内子の涅槃像のことを思い出し、高昌寺に向かった。何でもここの涅槃様は、西日本一の大きさだとか。練習がてらお参りしようと行ってみたのだが、お寺には上がれたが、涅槃様のいらっしゃる建物は厳重に施錠してあり、中に入ることはできなかった。朝の5時30分過ぎだったので無理もないのだが・・・。それでも遠くから手を合わせて、再び走り出した。今日は、足が軽くて自然とスピードに乗ってくるのが分かった。呼吸は少し息苦しい感じだが、負荷をかけなくてはいけないので、これは当然のこと。たぶん、キロ5分30秒を切るくらいのペースだろうと思いながら家まで帰った。
 家に着く少し手前で、時計の距離数が6キロ弱、時間が46分というのを見て、「おかしいな」とは思ったのだが、やはりおかしかった。パソコンで確認するとキロ7分以上かかっていた。データをよく見ると、途中のラップがキロ20分を越えているところがあった。原因は、トンネル通過のようだ。GPSで距離を測定しているので、トンネル内を走ると衛星との通信が途絶えてしまう。普通ならトンネルを出た後すぐに通信が再開されるのだが、それが今日はうまくいかなかったようだ。でもほかのラップタイムを見ると、どれも5分20秒ペースだったので、かなりいいペースで走れたことは間違いないようだ。桃源郷マラソンに向けて、順調に仕上がってきている気がする。内子の涅槃像については、次を参考に!
http://www.cnw.ne.jp/~koushouji/


 
athlete1966 | - | 20:26 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

宇和島をめざして

 昨日、宇和島で飲み会があったため、置いてきた車を取りに行くことにした。最初は、自転車で行くつもりだったが、路面が濡れていたので、内子から宇和まで走って行き、そこからJRで宇和島をめざすことにした。かなり距離があるので、LSDをすることに。今までの練習の成果もあるのか、ゆっくりだと気持ちよくいくらでも走れそうな気がした。
 途中で、ヤマガラ、ヒヨドリ、カワセミなど野鳥も見ることができた。モッコクという白い花もきれいに咲いていた。春の景色を楽しみながら、宇和まで走ると33キロあった。卯之町駅に入ると、切符を買って、列車の時刻を確認した。ちょうどよい時間に普通列車があることが分かった。宇和島方面は1番乗り場と書いてあるので、待っていると目の前にさっきからとまっていた列車が出発。しばらく待っていたのだが、何か様子が変だと気づいた。改札のところで時刻表を確認すると、時刻はあっていたのだが、普通列車は3番乗り場であることが分かった。ちょうどさっき、出発したのがそうだ。1番乗り場と書いてあったのは特急列車だったのだ。今日は、休日ということで、駅員さんは誰もいなくて、聞くこともできず、ほんのちょっとの差で乗り損ねてしまった。
 次の列車までは1時間以上あったので、近くの宇和島バスの営業者へ向かった。こちらは窓口に係の人がいたので、すぐに時刻を尋ねると、1時過ぎにバスがあることが分かった。そこで、切符を買って待つことにした。本当なら20分ほど待てば、目的のバスが来るはずだったのだが、今度は、渋滞のためバスが20分ほど遅れるというアナウンスが流れた。さっき、JRに乗り損ねたことが悔やまれた。そうこうしているうちに宇和島行きのバスが来て、宇和島駅に無事つくことができた。
 さきほどのJRの切符を払い戻ししてもらおうと駅の係の人に尋ねると、「手数料がかかりますがよろしいですか」とのこと。いいも何もしょうがないじゃないですか。440円の切符を渡し、手数料210円を差し引いた230円を受け取った。たかだか210円かもしれないが、困っている人から切符代の半分近くも取るなんて、ひどいじゃないですか。
 走る練習はうまくできたのだが、何だかしっくりいかない一日であった。
athlete1966 | - | 17:42 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2/12PAGES | << >> |

07
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--